• 全て自動で管理される勤怠システム

    勤怠システムを導入していない企業においては、従業員の勤務時間を纏めるためには手書きで日報を書いたり、タイムカードを元にして転記作業を講じています。
    社員が少ない場合は負担にならないものの、従業員が増えてくると複雑化しますし、雇用形態の種類が増えると転記ミスが生じたり不正が行われる恐れもあります。



    勤怠システムを導入すると、これまで手作業で行っていた事が自動化される上に、情報が全て自動収集されます。


    データを集めるきっかけになるのはタイムレコーダーの使用時やICカードをかざした際、ブラウザに文字を入力したタイミングや生体認証など様々です。そのため、どのような業種であっても最も効率的な方法で勤怠システムの恩恵を受けることができるようになります。
    そもそも、勤怠管理というのは単に出勤した時間や日数を参考にしてデータを取り扱うというものではありません。

    法律に規定されている時間外労働や休日労働、深夜労働といったことにも理解を深めた上で決まりに則って計算する必要があるのです。
    管理が徹底して行われていない場合は、コンプライアンス上大きなリスクを有してしまうことになります。



    今日の勤怠システムは技術進歩によりますます利便性が高まっており正社員に限らず契約社員やアルバイト、派遣社員やフレックスといったあらゆる契約内容に応じて自動で管理が行われます。
    別の給与計算ソフトと合わせて使うことによって給与の計算も簡単に済ませられます。