• 不正をさせない、勤怠システムの進化

    今までの勤怠システム、もしくは勤怠システムとして思いがちなものとしては、タイムレコーダーに紙のタイムカードを通すといったものがあります。



    もちろんそれでも十分なのですが、場合によっては不正をし、本当はその時間に出社や退社をしているわけではないのにそのように改ざんすることも可能です。

    社員や会社も同じようにそうした改ざんを行うことができるため、どちらの立場にとっても安心できる勤怠システムの導入が求められます。
    最近注目されているのは、その人自身の体の一部を使った勤怠システムです。
    一般的なのは指紋や静脈による認証システムです。
    指紋は事件事故の際など、その人がそこにいたという証拠として採用されることは誰もがわかりますが、その人であることを証明するためには指紋が一番確実です。

    静脈も同様で、同じものはないとも言われています。

    この指紋と静脈をセットにしたシステムも開発されており、セキュリティ面でも格段に性能が向上しています。



    指が乾燥している、もしくは手先が冷えていると指紋や静脈が正しく反応しないことがあり、こうしたことを改善する狙いがあります。

    他にも携帯電話やパソコン、ICカード、顔認証など様々ありますが、これだけのコストをかけてでも勤怠システムは必要であり、適切な労働時間の管理、残業代の未払いや過労死のリスクを少しでも軽減させるためにはこうしたシステムにある程度のお金をかけておくことが求められるのです。

    NAVERまとめサイト利用者からとても評判です。